埼玉に家を1万円も安く建てるためのコツ

埼玉県にはたくさんの住宅がありますが、不景気の影響により家を建築する場合は1万円でも安く建てようと考えている人が増えてきました。一般的な埼玉県の住宅は2000万円前後で建築されていますが、テレビコマーシャルなどでもやっているように1000万円で建築できる住宅も出てきました。とはいえ、土地を購入する場合にはよほど限られた場所でなければ、建物と土地を合わせて1000万円で済ませるわけにはいきません。山の中や田んぼの真ん中でない限り、安く土地を購入することができないからです。そこで、住宅を建築する場合には土地はすでに購入してあるものとして考えていくのがよいでしょう。実際に1000万円で建築するためには、いくつかの条件をクリアすることが必要になります。

住宅建築業者選びがとても重要になる

1万円でも安く家を建築する場合には、住宅建築業者選びを大事にする必要があるでしょう。埼玉県には様々な住宅建築業者がある中で、ローコストで建築してくれる業者はいくつかありますが、そのような業者を狙って住宅建築をお願いしましょう。高級な住宅を建築するところでは、ローコストで住宅を建築するノウハウを持っていないため、そもそも契約してくれないかあるいは契約したとしても魅力的な住宅を建築することができない可能性があります。業者を決める場合には、顧客の話しをよく聞いてくれる業者を選ぶのがベストです。業者は利益を出すために仕事を行っていますが、中には顧客の満足度を無視して自分たちが契約をとることだけを考えて営業しているようなところもあります。そのような業者は、住宅を建築するだけで終わりになりますので選ぶべきではありません。

シンプルな住宅にすることが基本になる

埼玉で1万円でも安い家を建築するならば、可能な限りこだわりを捨てるべきでしょう。もしこだわりを持っているとしても1000万円で建築することだけで十分で、それ以外のこだわりを持つと目指す方向と関係ない方向に進んでしまう恐れもあります。こだわりを捨てることは、裏を返せばシンプルな住宅にすることでもありますので、いかにシンプルな設計をするかがコツです。具体的に言えば、まず建物の角をできるだけ少なくすることが大事になります。角が多い住宅はそれだけ建築に手間がかかってしまい、材料費だけでなく手間賃も上乗せされてしまうため、予算内に収まらない可能性があるでしょう。オプションも可能な限り付属させないようにして、必要最低限のものだけ用意してもらうと、シンプルな住宅が出来上がります。