建築見積もりは1万ごとの計算が埼玉で家を建てるポイント

ローコスト住宅を埼玉県で建てる時のポイントとしては、総額で予算内に収まるかどうかを確認する点にあります。一般的な例として多いのは、作っているうちに予算をオーバーしてしまったり、外構を入れたら予算内に収まらないといったケースがあります。そのため、家の設計を依頼する時点から1万円単位で切り詰める必要があります。数千円でも集まれば数十万円にも上り、あっという間に予算をオーバーしてしまいかねませんので、なるべく必要のない設備はカットして予算内に収めるよう建築士と打ち合わせる必要があります。最近ではローコストでも快適に過ごすことが出来る住宅を提案しているメーカーが増えてきましたので、いくつか見積もってもらって総額で1予算内に収めてもらうことが重要です。

トータルのコストを考えることがポイント

埼玉県で1000万円の家を建てたいと考えた場合、25坪の家を建てると仮定すると坪当たり40万円のコストの住宅になります。坪当たり40万円の住宅というと、予算がたくさんあるように感じますが、付帯工事などは別料金としているメーカーも少なくありません。坪当たり40万円の住宅を建てる場合には、トータルの価格に対して計算した結果、坪当たり40万円になるかを確認する必要があります。ローコストをうたったメーカーでも様々な工事や費用を坪単価に反映していないことは少なくありません。又、住宅ローンを利用する場合には融資の手数料だけでも数十万円かかることもあります。そうした費用を予算に含めるかによっても家の装備や広さを少し狭くしたり削る必要が出てくるので注意が必要です。

コストを抑える工夫をしてもらうのが重要

埼玉県で住宅を新築する場合、1000万円で建てようとすると1万円単位で様々な部分を節約する必要が出てきます。住宅は様々な部品で作られており、クローゼットのドアや棚板、バスルームやキッチンなどそれぞれに費用が掛かります。こうした部品や建材は1万円でも安いものを仕入れてもらうことで、ローコスト住宅の建築が実現します。バスルームやキッチンなど特にこだわりを持ったものを入れると予算内に収まらなくなってしまいますが、規格外のものやセール品などを購入して入れてもらうとかなり節約できるケースもあります。建築士やメーカーの営業と相談する時には、なるべくシンプルでリーズナブルなプランを提案してもらい、必要があれば施主支給やDIYなどを導入してコストを抑える工夫も良いでしょう。

1000万円台からの注文住宅は北辰工務店におまかせください。バスツアーは小さなお子様も安心、ぜひご家族でご予約ください。ポラスプランニングキューブ「暮し発見舘」は千葉県松戸市にございます。自社で生産量・品質・精度において日本トップのプレカット工場を運営しています。「ポラス暮らし科学研究所」にて自社で技術開発をしています。1000万の家を埼玉で建てよう!